レビュー戦

 今日はユウの話題です。

それは1週間前の23日のこと、待ちに待ったユウのレビュー戦がやってきました。通常の試合は6年生をメインなので、ユウの出番はありません。でもこの日の試合は“5年生試合”shine

そしてユウたちのチームには5年生は4人しかしません。なので4年生のユウたちにもポジションが当たります。

ユウはサード8番でした。

5年生試合の話は9月の終わりごろから聞いていたのでそれに向けての練習も頑張ってきましたが、サードの練習をやり始めたのは11月に入ってから…。それまではセンターでした。

わたしもできれば内野を守って欲しいとは思いながら、まだまだ入部してから日の浅いユウたちは外野かなと単純に思っていましたから、これはびっくりでした。

前日は午前中だけの調整練習で帰ってきました。でも何となく元気のないユウでした。

「サードや嫌やthink」とぽつり。

ユウよりも3年も早く入った同級生のHくんが監督に「ライトを守りたい」って言ったそうで、その後に「僕もライトがいい」って言ったのに監督に聞いてもらえなかったそうで、まぁもちろんそれだけではないのでしょうが、何となくテンションがdownwardright

「サードはきつい打球が飛んでくるねん、だから嫌や、サードは怖い」

午後も頑張って自主練に励んでいました。夕方になるに連れて緊張感も高まってきました。何とか励ましてやりたいけれど、実はわたしも今回の試合で「送迎&お茶当番」というのが当たっていて(しかも初めて)何となく緊張していました。

そしてそんな時に限って主人不在sign03(会社の忘年会旅行です)

しかも朝が早いのでナツは1日中一人で留守番をしないといけません。食事は朝食と昼食を用意して出かける予定をしています。

初めてのことに親子で舞い上がっていました。

たかが試合、されど試合baseball

23日は5時半に起きて準備をして、7時前に出かけました。一度学校に集まって、それから球場へ。

8時から開会式。そしていよいよ8時45分。第1試合開始です。

途中までは0対0、1対1とよい試合でしたが、5回に相手が一挙に8点を入れて、6回で1時間半のタイムオーバーとなって負けました。ユウの動きはカチンコチンでした。いつもと全然違ってなかなかボールもうまくさばけませんでした。というよりこれが実力かなsad

「ボールを止めるだけで十分」「4年生であれだけできたら上等」と6年生のお母さんたちは誉めてくれました。(というか慰めてもらった)

攻撃はというと…みんな当てることはできるのに、凡打やフライばかりでヒットになりません。

「見送り三振がひとつもないだけでもすごいよ」と誉めてもらいましたが、見ているわたしはハラハラドキドキでした。

試合が終わって反省会&昼食。第2試合は午後2時からなのでそれまでに一度家に戻りました。

心配なナツは、約束していた友だちにはドタキャンされ、ひとりでずっとパソコンで遊んでいました。今まではひっきりなしにわたしの携帯にかけてきていたけれど、この日はそれもなく、朝一度「何単位打ったらいい?」ってかけてきただけで後は静かでした。(それも怖い)

お昼ご飯を食べて打つのを確認してからまた球場へ向かいます。

午後の試合は2時からです。

午前中よりは緊張感が抜けてリラックスできているかなと思ったのに、またしてもカチコチ。ベンチから監督やコーチの声が飛びます。そのたびにドキドキのわたし。

相手チームはとにかくバントばかり仕掛けてきます。少年野球なんだから思いっきり打たせてあげたらいいのに…こっちはみんなでブーイング。

しつこいぐらいのバント攻撃。内野のユウたちは浅い守備をしながらランナーもいるのでベースも守らないといけないし…で大変でした。

そしてユウの前に打者の打ったボール。簡単に1塁でアウトにできるボールでしたbaseball

なのにユウの送球は大きく1塁をそれて大暴投wobbly

試合の流れが一気に相手に傾きました。その回に8点取られ、次の回にさらに2点取られ、ユウたちは1点も返せず、コールド負けが決まりました。

親にとっては胃の痛くなるような試合でした。

でも初めて『試合の応援は楽しい』と思えた試合でした。今まで8月から8試合ぐらいの応援や送迎に出かけたけれど、いつも時間が長くて何となくしんどかった。今回は一番楽しめたような気がします。もちろん自分の子どもが出るから…だけど。

試合が終わったユウたちは何だかひとまわりもふたまわりも大きくなった気がしました。

最初は乗り気じゃなかったユウの入部だけど、こうして成長できる機会を与えてもらえるということに本当に感謝感謝です。親のわたしもねpunch

そして一人で留守番を頑張ったナツにもshine

6時過ぎに帰ってきた主人が何だかとっても懐かしい気がしました。そんな長い長い1日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

試合疲れ

 8月に入ってからちょこちょこ野球の大会の予選がありました。ユウたちのチームは人数が少ないので4年生からベンチ入りです。試合には出してもらえないけれど、とにかくお呼びがかかるので、連れて行かないわけにも行かず、そのたびにわたしもついていきます。

試合の時は、練習の時以上に親掛かりなんですshock

しかもまだ要領がわからずユウよりもわたしの方が疲れる。他のお母さんたちのように自分の子が試合に出るわけでもなく、応援していてもちょっと気合の入れ方が違うような(申し訳ないけれど)

それでもナツの同級生の子たちだし、段々名前と顔と背番号とポジションがわかってきて応援も楽しくなってきました。

昨日の試合は12時からでした。一番半端な時間帯ですbearing

子どもたちは朝の9時に学校集合、少しキャッチボールなんかをして、10時50分に試合場へ向けて出発。と言っても15分で着きますがgawk

お弁当持参と書かれていたので、ここで食べるのかなと思って用意していたのですが、結局食べたのは試合が終わって学校に帰ってきてから、、なので3時前でしたcoldsweats02

保冷剤をつけて時間もぎりぎり間に合うようにつめたけど、あまりの暑さに傷まないかとひやひやでした。

もちろん親たちもそれまでは食べられません。慣れているお母さんたちは待ち時間にコンビニに走ってチャっチャッとお弁当を調達。手作り組みは少数でした。

ユウはというと、前回の8月2日の試合には同級生でも早くから入部していたふたりが試合に出してもらって、今回はもしかしたらって言われていたので、それから一週間毎日自主練習に明け暮れたのに、結局ボールボーイで終わりましたshock

何だかなぁ~

当然といえば当然なんだけど、今回も同級生のふたりはスタメンで出してもらえたりして、本人はわかっているんだろうけれど、ちょっと可愛そうな気もします。

ボールボーイはテントに入れないから、この真夏の12時過ぎに炎天下で1時間半を過ごすのです。でも相手校のボールボーイの子と話ができて楽しかったらしい。健気なやつcrying

結果は20対2で負けました。相手は県大会に出ている強豪ですから~。

前回の試合の時は家にひとり置いているナツのことが気になったけれど、今回はナツはキャンプなので、少し楽でした。それでも家に帰るとくたくた。

また今度の試合に向けて頑張って練習していかなきゃぁ。それにまだそろえていない手袋とか、バットケースとかそういうものも少しずつ揃えてやろうと思いましたhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)